©2019 by BUNKAIWA.

ヤス@BUNKAIWA

改め本名ヤスノ・ヨシザワ

Yasuno Yoshizawa

日本生まれ日本育ち。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、アートセラピーを学ぶために渡米。ノートルダム・デ・ナムール大学で修士取得後、3000時間以上の臨床心理研修期間を経てカリフォルニア州公認マリッジ・アンド・ファミリーセラピスト、そしてアメリカンアートセラピー資格委員会認定アートセラピストとなる。日本語と英語のバイリンガル心理カウンセラー・心理セラピストとして臨床の現場に携わる傍ら、異文化心理学の知識を活かし企業・個人のアメリカでの成功を助けるためのコンサルティング業も行う。

資格一覧

カリフォルニア州公認マリッジ・アンド・ファミリーセラピスト

State of California, Licensed Marriage and Family Therapist

アメリカンアートセラピー資格委員会認定アートセラピスト

American Art Therapy Association Board Certified Art Therapist

認定認知症プラクティショナー

National Council of Certified Dementia Practitioner

 

臨床経験の例

公立小学校:アートセラピスト

低所得家庭や移民の子供たちを中心とした公立小学校にて、生徒たちのカウンセリングとアートセラピーを行う。発達障害、コミュニケーション問題、不安、鬱、離婚や再婚など家庭の事情で悩む子供達を主に担当。

犯罪被害者支援団体:サイコセラピスト・ケースマネージャー

DV(家庭内暴力)被害者やその家族・子供、犯罪被害者のケースマネジメントと訪問カウンセリングを行う。主に急性ストレス障害やPTSD(心的外傷後ストレス障害)のケースを扱う。その他、アジア系移民を中心にしたDVシェルターにて心のケアに焦点を当てたアートアクティビティやトラウマケアに特化したチャイルドケアにも携わる。

非営利団体:サイコセラピスト

産後うつで悩む母子・家族の支援を中心に行う非営利団体にて子供、家族、個人セラピーを行う。産後うつや不安障害、愛着関連、異文化間カップルや家族のコミュニケーション不和、感覚統合障害の子供に関する相談などを主に担当。母子を対象にしたペアレンティングクラスや、進学準備中の子供のためのソーシャルスキルクラスも担当。

アダルトデイケアセンター:アートセラピスト

早期認知症のクライアントを対象に、アートセラピーを使ったサポートグループを担当。また、スタジオスタイルのアートグループを受け持ち、認知症のクライアントやその家族を対象に個人・グループアートセラピーを行う。日系二世や日系移民のサポートグループにも携わる。