• ヤス@BUNKAIWA

『HPS』or『発達障害』‥発達障害の代わりにHSPを自認することの是非について


『ハイリーセンシティブパーソンがなぜ日本でヒットしたのか?』をテーマに書いた記事に大きな反響を頂きました。

この記事内でわたしは、HSP(ハイリーセンシティブパーソン)という言葉が流行ったのは、多様性に寛容ではない日本社会と、そこに『生きづらさ』を感じながら生きている人がその生きづらさを説明してくれる言葉を得られたような安心感を持てたことが背景にあったのではないか、と仮定しました。

もちろん実際には、HSPは様々な理由があって流行に至ったと思うので、記事に関連した色々な意見を興味深く拝見していたのですが、その中に一つ気になる意見がありました。それは、このような意見でした。

「日本でHSPが流行っているのは、自身のASD(自閉症スペクトラム障害)を認めたくない人が一定数いるから」

そこで、今回はそれについて思ったこと、『HSP』をASD含む発達障害に当てはまる人が使っていた場合について思ったことを書いてみたいと思います。前回の記事と併せて読んでいただけたらと思います。

最初に思ったこと・発達障害への偏見が強い?

この意見を見て一番最初に思ったこと。それは、「日本では高機能自閉症スペクトラム障害ってどう理解されているのだろうか?」ということでした。

自閉症は、スペクトラム(範囲)と呼ばれるほど症状に大きな個人差があります。自身の特徴をHSPに置き換えて語られる方は、自閉症の中でも、日常生活を送れるけれども社交や集団生活などに困難な場面が見られることが多い高機能自閉症スペクトラム障害(昔ではアスペルガーと呼ばれていた)に相当する方が多いのかなと推測するのですが‥。彼らの多くがこれらの特徴を持つとされています:

  • ソーシャルキュー(言葉にしないけれど伝えたい暗黙の合図)を汲み取る事が難しいこと

  • 過去に何度も相手の気持ちを読めない事が原因で人間関係に自信がなくなってしまっていること

  • 環境の変化に弱く、ルーティーンやルールを好む

  • こだわりが強かったり、好きなことや興味のあることへの探究心が強かったりする

  • 人が大勢集まる場所や視覚・聴覚・臭覚刺激が強い場所などが苦手、等

  • もちろん、個人により様々な差があるため、一概にこれだ、と症状を断定する事が出来ません。それも含めてスペクトラム(範囲)という名前がこの障害にはつけられています。

「高機能自閉症スペクトラム障害がある」ということを説明するよりも、「HSPです」と説明する方が、社会的に受け入れやすい背景があるのだとしたら、やはりこれは、社会が、『障害』と名のつくものに対してスティグマ(汚点)や偏見を生んでいるからなのだろうと思ったのです。


現在のアメリカ、特にわたしの住むカリフォルニア都市部を例に出すと、ひと昔前までは日本と同じような存在で見られていた高機能自閉症ですが、今は、診断があったとしてもその人に対する社会の目というのはそこまで大きな影響力を持たないようになってきている気がします。


そもそも診断があるのも、その人の傾向を理解し適切なサービスに繋げやすくするためにあるもので、診断があるからこそ家族や学校、支援者が共通の認識を持ってサポートをしやすくなる利点があります(診断名があることで保険が効きやすかったり学区からの支援が受けやすかったりという点も。)また、学校のプログラム自体がある程度の年齢に達すると日本よりも柔軟にオプションが選べる環境があるというのも大きいかと思います。


もし、冒頭の意見ようなことが多数起こっているのだとしたら、HSPの自認ではなく、適切な診断を受けてほしいと感じます。そしてそれが気軽に出来るような、社会環境が整って欲しいと強く感じました。

発達障害とHSP(繊細さん)の関連性・持論

ソーシャルキュー・空気を読むことが難しかったり、典型的な方とは少し違う体感の感覚(感覚統合障害)を持っていたり、身体と意識(マインド)の繋がりが困難であったりする点。これらが、自閉症の特徴でもあるため、通常の生活を典型的な人と同じように強いられることに不安を感じやすいなど物事や状況に過敏になって疲れてしまう人もいると思います。また、人との関わり方が難しいことを打開するために、必死に人を観察し自己流の関わり方を模索し試行錯誤を繰り返している人も。

また、ASD(自閉症)と並行して語られることの多い別の発達障害・ADHD(注意欠陥多動性障害)について。わたし個人の印象なので実際のところどうなのかは分からないのですが、ADHD傾向の方の特徴として、人の気持ちを1聞いたら100分かってしまうようなエンパス(共感力の高さ)を持つ人が少なくない気がしています。

ADHDも、ASDの方と同じように、本人の意思以外の部分で、典型的な人が無理なくじっとしていられるような状況がとても苦痛であるなどの、社会が求める環境や状況になかなか馴染じめないといった大きな葛藤を抱えて生きている方が多いように感じます。


生きづらさの原因って、他人と比べて何か違和感を感じていることや、上手く周りに馴染んでいない状態、そして、自分の存在を自分のコントロール不能な部分を基準に否定されているような感覚に由来する場合が多いのではないか。


しかし、それを全てひっくるめて『HSPだから』と説明してしまうとなると、症状を和らげるために必要な介入が十分になされないなどの問題も起きてしまうように思います。その辺のはっきりした区別がされていない様子が、HSPの扱いが難しいところだなと考えます。



万人に向かないシステムを構築している日本社会の方がおかしい

わたしは発達障害に関して、日本の世間の捉え方にとても違和感があります。

まるで、『発達障害』=仕方がない存在‥

のような、なんとも言えない諦め感が漂うニュアンスがとても嫌いです。

そもそも発達障害の中のASDとADHDの2つだけでも、傾向も特徴も大きく違う障害をなぜ一括りにまとめて語る人が多いのか、その時点でこれらの傾向を理解しようとする姿勢が社会に全く感じられないのです。

あたかも健常者と大きな差があるようだけれども、脳の仕組みの違いから少し違ったものの捉え方をしたり、身体の感覚が典型的な人とは少し違う形で脳に指令を与えることで同じ状況に置かれていても感じ方が大分異なって伝わっていたり。

これって、世間一般が当たり前とする型が、万人に適応出来ていない方がおかしいのではないか?‥という問題意識に切り変えることは出来ないのだろうか?

それはまるで、靴屋にいったら一種類の上履きしか売っていないようなもの。その上履靴がぴったり自分の足に合うラッキーな人もたくさんいるのかもしれないけれど、体格も体質も何もかも違う多勢の人に全くすべて同じレベルの履き心地を求めるっておかしくないだろうか。

これと同じで、個人差のあることに対して、コミュニケーションの取り方に工夫が出来たり様々な生き方に合った環境が誰にでも届くことが当たり前になれば、変えようの無いと思われていた『仕方がない』ことが、実は対応可能な仕方なくないものになっていくのだと思います。


本当に必要なのは、『健常者』とそうでないものを社会の勝手に作った基準によって区別することではなくて、どうしたら皆が生活しやすいようにしていくか、包括(インクルージョン)のための介入をしていくことなのではないか。


まるで、社会が勝手に敷いたレールに乗れない人は、脱落してくださいとでも言っているような日本社会の排除感を醸し出した姿勢に不寛容さと融通の効かなさを感じて、いつも絶望的な気持ちになります。



HSPの名前がついて終わりではない。その先にあるものとは?

高機能自閉症をはじめ発達障害の方に多く見られる心の傾向として、低い自尊心、不安障害、うつ病の併発や、自殺率が比較的高いことが指摘されています。


心理カウンセラーとして心に関わるケアでは、不安への対処法や、気持ちの理解と整理の仕方、そしてポジティブな対人コミュニケーションの経験を増やすことや共感力を増やす練習、自信をつけることのサポートがメインであり、発達障害の診断を持つ子の親の多くは、そのために、心理カウンセリングのサービスを利用しています。

*具体的な身体・行動(例えばFloortime)への介入などには、OT(Occupational Therapist: 作業療法士)と呼ばれる別の職業の方が担当することが一般的です。

発達障害のクライアントさんを担当すると、自分のカウンセラーとしての立場がまるで『通訳』みたいだな、と感じる時があります。

それは、異文化出身者同士がお互いの違いを理解していく過程に近く、発達障害を抱える個人が経験している葛藤をどうしたらもっと深く理解できるだろうか探るところから始まり、各人の傾向を理解し、本人たちにそれを伝え、本人が咀嚼することを助け、そしてそれをどう周囲や家族に解説出来るかまでを一緒に考えていくからです。

「自分はHSPなんだ」と、自己理解を深めることは良いことだと思います。

しかし、それが「高機能自閉症スペクトラム障害」であることやその他の発達障害である場合、『「HSP」だから』で終わらせてしまうのではなく、もっと深く自分のことを理解する『きっかけに過ぎない存在』として捉えておく必要があるように感じています。そして、その特徴を周囲に適切に伝え、環境を変えていく、周囲の考え方や周囲との接し方を変えていく。ここまでをしなければ、今、本人が感じている生きづらさは本当の意味では変わらないと思います。

おわりに

わたしは、とても身近な人に高機能自閉症スペクトラムにあたる方がいるのですが、本人はともかくわたし自身が、その人のことを理解できず、関わりにとても苦労したこと(この場合、繊細さんではなく鈍感さんですが‥笑)


心理セラピスト・カウンセラーになって専門知識を経たことにより、なぜそのようなことが起きていたのか、自分の中に昔から感じていた『なぜ、なぜ、なぜ??!!!』と言う大きな疑問や抱えていた葛藤が晴れていくのを身をもって経験しました。‥もっと早く知りたかった‥!!と言うのが正直な感想です。

ちょっと周囲とは違うから‥ちょっと変わってるから‥で話が完結し、結局見過ごされ、誤解を持って周囲に理解されたままの人って実はとても多いのだと思います。本人が辛いケースもあれば、本人は全く気づかず家族が苦労しているケースもたくさんあります。


これが、社会全体で、もっとスティグマや偏見を感じない形で、様々な傾向や特徴を持った人が存在していること、これらを自由に話し合えていたら‥そして、対策案を一緒に考えていくためのコミュニケーションの練習を設ける機会や家族へのサポートがもっと充実していたら、どんなに違うだろうか。そんなことを強く思うのです。


わたしは、診断名とは、本人をラベリング化して分類する存在としてではなく、それを踏まえどう皆が生きやすく共存するための手段が考えられるか、本人と他者が共通の理解を得るために存在しているものと感じています。診断名が偏見を助長する要因となる風潮は、わたしの世代で終わりにしたいと強く願います。


長くなりましたが、そんなことを冒頭のご意見から発展して思ったのでした。皆さんはどう感じたでしょうか?


これからも、自分の意見を含めた記事を色々発信していく予定です。最後までご覧くださりありがとうございました。



クロスカルチャーコンサルタント・BUNKAIWAのヤスでした。

関連記事:

ハイリーセンシティブパーソン (HSP) がなぜ日本でヒットしたのか。その要因を日本社会のあり方から考えてみた


Netflix『Love on the Spectrum』自閉症スペクトラム障害の若者たちの恋愛を追ったドキュメンタリーが教えてくれる心の多様性


アートセラピーを自閉症スペクトラム障害の子供達の治療として使うことの可能性について



参考書籍:


でこぼこした発達の子どもたち (発達障害・感覚統合障害を理解し、長所を伸ばすサポートの方法)

キャロル・クラノウィッツ著


発達障害や感覚統合障害に関する子供達の傾向や特徴をとても詳しく説明した良書。発達障害児や感覚統合障害児を抱える保護者以外にも、学校教育に関わる教育者、心理士、医師、‥職業限らず、全ての大人に読んで欲しい本で





©2020 by BUNKAIWA.